順序良くステップを踏もう

企業ソフト

問題解決に挑む

導入目的と課題をクリアするための方法をヒアリングしていき、どのように問題を解決していくのかそのお手伝いをコンサルタントアドバイザーが行ないます。

徹底的に調査する

システム

お客さんと話し合いをする

経営改善のための課題とニーズをヒアリングしていき、文書管理コンサルタントアドバイザーが現場調査と分析を行っていきます。これにより各会社に合った最適な文書管理システムの構築を行ない、業務に生かすことができます。質問等があれば気軽に投げかけましょう。

手順の説明

文書管理システムを扱う会社では、コンサルタントが独自でチームを編成し、最も適した手順を提案します。この時提案した手順を少し変えたいとなった時はコンサルタントと共に修正を行なうことができます。後で追加したい機能がある場合はコンサルタントに申し付けましょう。

セミナーがある

会社全体で大切な文書を管理する場合、他の部署や上に人からシステムに関することを理解してもらう必要があります。近年は文書管理のセミナーを開催するところが増えたので、導入を検討するなら積極的に参加したいものです。

実際に体験をする

ヒアリングを重ねた後は実際に会社で運用をしてみます。最初はシステムの方向性を知るためにハードルを下げていきます。使い慣れてきたら、業務別にしていきシステムを拡大していきます。その間、コンサルタント側が全面的にサポートしますので心配はありません。

いくつか比較をしてみる

一つに限らず、他の会社が制作した文書管理システムと比較することも重要です。機能の種類とサービス面の比較ができるので使ってすぐ決断するのではなく、導入前から候補を上げておくと本当に欲しい文書管理システムを選ぶことができます。